ロゴ
HOME>Review>歯列矯正が痛い理由【体験者がおすすめする歯列矯正】

歯列矯正が痛い理由【体験者がおすすめする歯列矯正】

口元

目立たない矯正は従来のワイヤーを使用した矯正治療に比べ、少し費用が高い傾向にあります。そのため、安値で利用できる治療法を選ぶ人もいますがワイヤー矯正は痛みを伴うこともあるので注意しましょう。痛いのが怖いという場合はワイヤー以外の矯正方法を検討することも大切です。

クチコミ

ワイヤー矯正は当たって痛いのでワイヤーじゃない治療法が良いですよ【20代 女性 事務】

歯並びに自信がなく、矯正を始める事にしました。1本だけすごく前に出ていた事がコンプレックスでした。そのため、自分の場合はワイヤー矯正が一番向いている矯正方法だと歯科で言われたので、その方法で始めました。しかし、口の裏側にワイヤーが当たって痛みがありました。ワイヤーがよく当たるところには口内炎が何度も何度も出来ました。歯科に相談してワイヤーや器具の位置を変えてもらうのですが、しばらくするとやはり口内炎が出来ました。常に口内炎がある状態なので、話す時も食事をする時も痛いので苦労しました。もし、矯正を考えている人はワイヤーを使った方法は痛いと考えておいた方が良いです。また、可能であればワイヤー以外の方法も検討するようにする事をおススメします。

口内炎ができやすくなったのでマウスピース矯正とかがおすすめ【20代 女性 アルバイト】

歯の表側に器具を取り付けてワイヤーを使った矯正を始めました。通っていた歯科に矯正を相談した時には、ワイヤーか、マウスピースを使った方法を提案されました。ワイヤーは痛みがある場合があるが短期間で済む事、マウスピースは痛みは心配がないが長期間になる可能性があるという事を説明されました。自分の仕事はアルバイトだったので、費用が掛からない事を優先してワイヤーの方法を選びました。しかし、これが失敗でした。ワイヤーや器具が口の中に当たって口内炎がたくさん出来ました。口内炎はすごく痛いので、ご飯を食べる事も大変でした。時間が掛かっても費用が掛かってもいいから、痛みがないマウスピースにしておけばよかったと感じました。